医薬品通販サイトのメリット

買い物かごの中の薬

ビクシリンのジェネリック医薬品(後発医薬品)をはじめ、日本にはまだまだ認可されていない海外製のお薬がたくさんあります。どんなに効果と安全性が高いお薬であっても、厚生労働省の認可がおりない限り、日本国内で処方されることはないのです。

しかし、ビクシリンのジェネリック医薬品など、海外からわざわざ個人輸入で取り寄せて薬を入手する人もいます。彼らの大半は、個人輸入代行業者が運営している医薬品の通販サイトから注文して、海外のメーカーから直接発送してもらっているのです。

医薬品通販サイトを利用するメリットとしては何があげられるのでしょうか。まず、上記で書いたように、日本で認可されていない医薬品も購入できるという点です。本来は医師の処方箋がないと入手できないお薬であっても、海外からの発送なので、薬事法に違反することなく薬が売買できる仕組みです。

病院で薬を処方してもらう際には、薬代のほかに医師の診察代や説明代金などが課され、保険が適用される場合は30%のみの負担ではありますが、それでも割高です。医薬品通販サイトで薬を買う場合は、基本薬代と送料(1000円程度)のみで、他の料金は掛からないので、病院で支払う3割よりもかなり安いのです。

医薬品通販サイトでは、購入者のプライバシーに配慮しており、必ず中みの見えない箱で梱包して送ってくれます。箱の外側に張られている品名のシールにも、薬ではなく健康食品などと記載されて送られてきます。

このように、医薬品通販サイトで薬を買うことは、メリットがいくつもあるのです。医薬品通販サイトを利用してみたいと思った方は、ぜひ『お悩み宅急便』という信頼性の高いサイトを利用してみてください。